2つの経歴。ひとつめに客室乗務員として1万5千時間のフライトタイム、およそ100万人のお客様に関わらせていただいたこと。ふたつ目に看護師として患者様が病によってご自身の人生を問われるような大切な時期に、共に関わらせていただいたこと。

 
この2つの経歴で「人と深く関わる」ということを、私は「個」に対して他の多くの人よりも豊富に経験をすることで「 人はその関わり方次第で、相手の能力を最大限に発揮できる」ことがわかりました。

そこで培ったノウハウを活かして「個力を強化する」サポートを得意としています。

 
このサポートは、十分に能力を発揮できていないと感じられている方はもちろんですが、組織のキーマンとなる方が、組織改革でさらに相手の「 行動や意識に変化 」を起こして 結果を出すことや、「チームビルディング」にも役立てられています。

 
私自身が多くの「個」の方を対象に、1対1の関係性のなかでサービスや看護を提供してきたこと、そしてCAでは指導者の立場であったのに、30歳代になってナースとして改めて「 大人新人 」として指導される立場になったことから気がついたことが、今、お役に立てていることをとても誇りに思います。